脇の毛の役割はあるのか!!

この時期になると、だんだん薄着になって肌の露出も増えてくることもあって、無駄毛や肌のコンディションが気になってきますね。手足の毛はもちろんのことなんですが、女性にとっては一番あってはいけないとも言える部分の脇のお手入れが気になる季節でもあります。

てゆうかここに毛が生えてくるという必然性も理由も全くわからないんですけど、脇ってなんで毛が必要なんですか…?いくら柔らかい部分だとはいえ腕と体の間部分で、ほぼ晒されることがないのに、そこから生えてくる毛たちは一体何のために存在してるんでしょうか。

頭とか下半身の毛は大事な部分を守るために生えているので理解できます。産毛も体全体表面を守っていますよね。眉毛やまつげは目を守り、鼻毛は体内に異物が侵入するのを防いでいます。…とここまで考えてみても、やっぱり全く浮かんでこない脇毛の存在意義。こりゃあ美的観点から一番といってもいいほど除去したくなる部分の毛だとしても間違いではありません。

いくらリンパが多く通る部分とはいえ、完全に腕と体に挟まっている状態なので常に庇えている状態ですので、外部刺激は関係ないですよね。となると、一体なんでここに毛が生えてくるのかがめちゃめちゃ気になり出しました。
それでちょっと調べてみたら面白いことがわかりました。脇に毛が生えている理由その1は薄い皮膚を守るためらしいんですが、脇って汗をかくでしょ、んでもって腕が動くからよく擦れるでしょ、なのに皮が薄いから摩擦で傷まないように、滑りやすいように毛が生えているんだそうです!!なんと!!そうきましたか!!

で、もうひとつ理由があるらしいんですけど、その理由が面白いんです。人間もフェロモンが出てるんですよね、異性を引き付ける香りというやつです。あれが脇から出ているらしく、その匂いを溜めておくために毛があるらしいんですよ!!…マジか~…なんかそう考えると、出会ったときに手をふって「おーい」とするアクションもフェロモンを撒き散らすための効率的な動きにも思えてきます。

脇の毛や汗や匂いの悩みは人間が生きるために、繁栄するためにあるものだったんですね~…と、関心はしてみたものの、それこそが悩みに直結するところだったりもするわけで、なんとまあ逆説的な悩ましげな現実なのでしょうか。
とはいえ、進化の過程で体毛自体が薄くなってきているのも事実ですよね。しかも韓国人のように脇毛がほとんどない民族もあるようだし、そもそも女性はほとんどが脇の毛を脱毛サロン(銀座カラー 口コミ)などで脱毛して生活しているのに、特に支障なく生きております。

現代においての脇毛の存在意義はやはりかなりない等しいものなのではないでしょうか。